特集記事・コラム

若く見えたい。年齢よりも下に見られえるには?

投稿日:2018年12月13日 更新日:

こないだ実年齢よりも10歳上にみられました。
昔から童顔のため比較的若く見られていたのでまさか年齢より上に見えるだなんて・・・

Sponsored Links

わりと若くみられていたのに急に年上にみられはじめたことありませんか?

女性は首元と手元を綺麗にしとくと年齢を感じないといいますが、それだけではだめだったんですね。
今回、ショックだったのは男性から言われたということでした。男性は、首元や手元はあまり見ないと言われています。ぱっと目につくのはやはり顔。その最初にみたものをダイレクトに感じるので、まさに顔が老けてたんだと思うとなおさらショックです!!

ここ最近で変化したこと

  • 髪の毛がボブからロングになった
  • 体重増加
  • メイクが薄い
  • 足の太さがわからないワイドパンツをほぼ毎日はいている

書き出してみると深く考えるまでもなくすんなりこれだけのことが出てきました。

<意外と気にしない後回しのヘアケア>

髪型に関していうと、長さはそれぞれ似合うスタイルがあるかと思いますが、問題はその髪のツヤやハリです。年齢を重ねるごとに髪質が変わり失われていってしまいます。パサパサでロングだとよけいとやぼったく見えてしまうんですよね。

<体のゆるみは心のゆるみ体重増加>

体重増加は、結婚をして以来少しずつ少しずつ増加していき気が付いたら10キロほど増えていました。気づいた時にはなかなか体重が減らない年齢になっていたのです。
夫のフォルムがちがうという言葉で目が覚めました。このままではだめだと最近はカロリーコントロールとお酒は週末だけにしています。太っているとどうしても老けて見えてしまいます。あたりまえですが、黒木瞳さんや大地真央さんは、50、60歳超えているとは思えないほど若く見えます。それはお化粧やハリツヤなどもそうですが、一番はスリムなことにあると思います。

<スッピン風メイクは若いうちだけ>

30代前半に比べるとメイクが薄いんです。なぜ、薄いのかという問題ですが、20代前半から30代前半の頃は、メイクの仕方もわからず自己流のためわりと派手になりがちで多少ピンク過ぎたとして、可愛いいとされる年齢だったように思います。小難しいテクニックも必要なかったかもしれません。ところが30代後半になってくるとそのメイクができなくなってきます。子供が生まれるとその時間がなくなるという問題もあります。けれど、ではどんなメイクがよいのか?ナチュラルだけど綺麗に見えるメイクをしたいと思うようになります。ただ、そのために日頃のお手入れは必須でそれプラスメイク技術が必要になってきます。似合う色や若く見える色、チークの位置や口紅の色、自分ではわからない部分が必要になってくるのです。ただのスッピン風ナチュラルメイクは通用しなくなってくるのかもしれません。

<楽ちんゴムパンツ。その名もワイドパンツ>

ワイドパンツとかきましたが、腰回りの苦しくないゴムパンツです。はくのも楽で、ランチの後でも苦しくないめちゃくちゃ開放的なパンツ。
わりと同年齢でよくはいているのをお見かけします。それも流行っていたというのもありますが、もはやとっくに昔の話で今はスキニーパンツの時代がやってきています。
その自分へのゆるさが老けへとつながっているのかもしれません。身も心もひきしめてスキニーパンツをすらりとはきこなしたいものです。

若くみえるメイクとは

  • ファンデーションはマットよりツヤのあるナチュラな雰囲気のものにする
  • お肌が乾燥ぎみならクリームファンデなどに変更する
  • 眉山はふんわり描く(山型は老けて見える)
  • チークはオレンジ系
  • 髪の毛はこまめにブローをする

<ファンデーションはマットよりナチュラルにする>

ファンデーションはマットなものが好みの方も多いと思います。マットとはお顔全体がしっかり化粧をしているモードな印象を受けます。
それよりもツヤ感のあるナチュラルなファンデは健康的な雰囲気になると思います。マットなファンデはオイリーな肌タイプの方は合いますが、私のような乾燥肌の場合は、どうしてもお肌になじまず、粉がふいてしまったり長時間使用するとパシパシになってくるのです。ツヤ感のあるファンデーションは30代後半お肌を健康的にみせてくれます。ツヤのあるお肌の方が若くみせてくれるのです。また、お化粧をする前は化粧水や乳液、オイルなどの保湿をしてからした方がお肌のツヤ感が持続します。

<お肌が乾燥ぎみならクリームファンデなどに変更する>

当然というえば当然ですが、お肌が乾燥していると、お肌にお粉がのりません。ひどいときは、よれてしまいます。
その点、クリームファンデは多少乾燥していても、お肌に均一に塗ることができるので忙しい朝は楽なのです。特に乾燥がひどいときは、化粧水をたっぷりと塗ってからの方がいいです。(乳液はオイルは塗りすぎるとよれてきますので少々の方がいいです)

<眉山はふんわり描く(山型は老けて見える)>

最近、前髪をのばし眉毛を見えないようにしているせいか眉毛のお手入れはノータッチだったのです。たまに眉毛の下に生えてくる無駄な毛をそるくらい。
今年の眉毛はナチュラルな眉であるのもありますが、あまり形を整えることをしていませんでした。

この前、母と姉と温泉に行った時、姉から「その眉どうしたん?のばしてんの?」と言われ、初めて気づきました。
基本的に眉毛はカットしなければ伸びてくるのです(忍たま乱太郎のしんべえ並みに)。気が付かないうちに伸びていました。
眉毛が長いと野暮ったく見えます。といっても山型のようにととのい過ぎていても老けて見えるのです。時代はナチュラルといいますが、ナチュラルとはお手入れをしないという意味ではなかったようです。眉毛自体の形はあまり変えずふんわりとし、眉毛の長さだけはしっかりと整えます。

<チークはオレンジ系>

似合うチークの色をご存知の方は大丈夫と思いますが、似合う色がわからない場合は、オレンジがベストです。チークはピンクだとつけ方や量によって、浮いて見える場合があります。
その点、ぼんやりと見せてくれるオレンジ系がおすすめです。また、万人に似合うカラーで年齢を問わないカラーということもあります。それに、ほんのり赤く染まっているように見えるのでお肌になじむようです。

<髪の毛はこまめにブローをする>

髪の毛は朝のブロー以外にもお手洗いに行って鏡をみるときなどこまめにブローするとよいようです。ブローすることにより、ツヤがでてきます。それに櫛が脳に刺激を与え頭がすっきりします。
乾燥しがちな髪の毛がハリツヤのあるヘアにする方法⇒⇒乾燥する髪の毛をサラサラにしながらケアしてくれるヘアオイル
こちらもおすすめです⇒乾燥する冬の髪の毛。まずは頭皮の汚れを除去しよう。

まずは、できることから少しずつはじめていきたいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
お役に立てましたら、下のバナーをポチッと応援していただけると幸いです。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
お役に立てましたら、下のバナーをポチッと応援していただけると幸いです。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
  • この記事を書いた人
organic-love

じゅん

京都在住の主婦です。国産オーガニックコスメや美容オイルが大好きです。オーガニックコスメ歴は8年目になりました。ブログでは使ってみてよかったコスメを中心に京都のおすすめ情報などを発信しています。美容オイルにはまったことがきっかけでAEAJアロマテラピー検定1級を取得。 レビューのご依頼などはお問い合わせフォームからお受けしています。

-特集記事・コラム
-

Copyright© オーガニック便り - オーガニックコスメの口コミブログ , 2019 All Rights Reserved.