頭皮ケア 美容・暮らしのこと

乾燥する冬の髪の毛。まずは頭皮の汚れを除去しよう。

投稿日:2018年12月9日 更新日:

Sponsored Links

乾燥すると爆発する私の髪の毛。
髪の毛の量は多いのですが、ロングの時は「パーマをかけていますか?」と聞かれるほどの天然パーマです。

おろしていると、ボッサボサになるので、いつも髪の毛を結んでいるのですが、やっぱりサラサラでツヤのある髪の毛にしておろしてみたいと思うのです。
ただ、髪の毛はごわごわなんですが、頭皮はべとべとなことってありませんか?

まずは頭皮の汚れを除去

天皇の理髪師大場隆吉さんが推奨する頭の洗い方

ちょっと前になりますが、11月中旬くらいに放映された「天皇のシャンプーを担当されていた大場隆吉さん」のシャンプー方法を実践したところあまりにもよかったのでご紹介したいと思います。

シャンプーの仕方
  1. まず髪の毛を櫛(くし)でといておく
  2. お湯の温度は39度くらいで髪の毛をまんべんなくぬらす。とくに頭皮を洗うように意識して洗う
    (ポイント★ここでの作業で7割くらいは髪の毛の汚れがとれている)
  3. シャンプーを手のひらにのせ、まず髪の生え際に指を滑らすようにしてにシャンプーをつけなじませる
  4. 頭皮を洗う。この時桃の皮が破けないような感じで細かく優しくこする
    (ポイント★細かい泡をたたせるような感じ)
  5. お湯の温度39度くらいで髪の毛を洗う
    (ポイント★最初の予洗いの2倍くらいの時間をかけて洗う)

私の髪の長さはだいたい肩下10センチくらいなのですが、ちょっと頭皮全体を洗うには髪の毛が長く洗いにくいので、だいたい前頭部と後頭部に半分にわけて洗っています。
後頭部は後ろは前頭葉に向かってこすっていき半分(頭頂部ライン)あたりまで洗い、次に前髪あたりから後頭部に向かって洗うと洗いやすいです。

ドライヤーでの乾かし方
  1. ドライヤーは髪の毛から20cm以上離し動かしながら乾かす
    (ポイント★同じ部分を長くあてると髪の毛を傷める)
  2. 左右の髪の毛をそれぞれ頭頂部に向かってかきあげるようにして乾かす
  3. 後ろの髪の毛を前側にあげるようにして乾かす(ポイント★おじきするような体勢で)
  4. 前から後ろにかきあげるように乾かします
  5. 乾きが不十分だと頭皮の雑菌が繁殖してしまう可能性があるのでしっかりと乾かす
  6. だいたい乾いてきたところで冷風に切り替える

いつも早く乾かしたくてドライヤーと髪の距離を近づけて乾かしていたように思うのですが、これが髪の毛をより乾燥させてたのかもしれません。

乾かした後はまず頭皮を触ってみてください。
頭皮がツルッツルになっているんです。それに髪のボリュームが半端ないです!
いつもより少し時間はかかりますが、かなりの違いを感じると思います。それもその日にすぐに実感できるがすごいのです。
あと、この方法は頭皮の汚れが除去されることにより白髪防止にもなるそうですよ。

11月放映以来、ずっとこの方法を続けていますが、明らかにツヤがでてきたので最近は髪の毛をおろすことができています!
なんといってもこの方法を教えてくださった大場さんの髪の毛のボリュームがすごすぎる。ふっさふさでボリュームがすごいんです。
ちょっと時間をかけるというのもあり、毎日はつらいという方は週に1度でも効果はあると思います。ぜひ一度お試しください。

次回は、日中の髪の毛の乾燥を防ぐオイルをご紹介したいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
お役に立てましたら、下のバナーをポチッと応援していただけると幸いです。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
お役に立てましたら、下のバナーをポチッと応援していただけると幸いです。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
  • この記事を書いた人
organic-love

じゅん

京都在住の主婦です。国産オーガニックコスメや美容オイルが大好きです。オーガニックコスメ歴は8年目になりました。ブログでは使ってみてよかったコスメを中心に京都のおすすめ情報などを発信しています。美容オイルにはまったことがきっかけでAEAJアロマテラピー検定1級を取得。 レビューのご依頼などはお問い合わせフォームからお受けしています。

-頭皮ケア, 美容・暮らしのこと
-

Copyright© オーガニック便り - オーガニックコスメの口コミブログ , 2019 All Rights Reserved.