石鹸 洗顔 クレンジング

乾燥肌におすすめの洗顔方法。乾燥しないお肌を目指すには?

投稿日:2019年4月3日 更新日:

こんばんは、潤です!

乾燥肌は洗顔が大事だといいますが、どんな方法があるのか詳しく知りたいところですよね。
でも、その時だけの改善ではなく、そもそも乾燥しないお肌を目指したいもの。
そのためにまずは、乾燥肌とはどういうお肌のことなのか、乾燥を予防する食事のとり方など内側からのケアについても知っておきたいですね。
乾燥肌しないお肌を目指すための情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored Links

乾燥肌に大事な洗顔方法とは?

正しい洗顔方法

  1. 手を洗う
  2. クレンジング(天然オイル)
  3. 無添加の固形石鹸で洗顔(泡立てスポンジなどで泡立てから)
  4. ぬるま湯ですすぐ(泡がなくなっても20回はすすぐ)

まず大事なのは、手を洗う事です。顔に触れる手は、見えない雑菌がたくさんついているので必ず最初に手を洗います。
そして、メイクをしている場合は、クレンジングでメイクを落とします。
この時、顔をお湯でぬらしてからクレンジングをしている方がいますが、油を落とすために油を使うので、水が混ざると油同士の接触が邪魔されメイクが落ちにくくなってしまいます。
顔はぬらさずクレンジングを行うようにします。

クレンジングは、セサミオイルやホホバオイルなどの天然のオイルをクレンジングとして使うのがおすすめです。天然のオイルは、余計なものが一切入っておらず、界面活性剤も入っていません。また、皮脂を落としすぎず、毛穴の汚れも落としてくれます。セサミオイルなら瑞健のオイルがおすすめです。
最近は、石鹸でも落とせるファンデーションが多くあります。そういったタイプのファンデーションをお使いの場合は、クレンジング剤を使わなくてもこの天然オイルで十分に化粧を落としてくれます。違うタイプのファンデーションをお使いで、天然のオイルでは汚れが落ちにくい場合は、ミルクタイプやジェルタイプなどの界面活性剤の入っていないシンプルなクレンジングを使うようにします。
もし、濃いめのメイクや強力なマスカラをしている場合は、目元や口元のみ専用のリムーバーでとりのぞいておくといいですね。
また、長時間のクレンジングは、肌の乾燥をまねくので1分を目安に終わらせるようにします。クレンジング後は、ぬるま湯で顔を洗わずに、コットンをぬるま湯に少しつけ優しくふき取る方が汚れが効率的にとれます。

次に洗顔にすすみますが、洗顔前に顔をぬるま湯で洗う場合がありますが、洗顔後にも洗うのでここで洗う必要がありません。
洗顔は、無添加の固形石鹸がおすすめです。界面活性剤など入っていないのでお肌のバリアを取ってしまうことがないのです。
固形石鹸は、製造過程でグリセリンという保湿成分が自然に含まれるのでお肌にとても優しいのです。おすすめは皮膚のトラブルに強い効果があるよもぎ石鹸です。

そして、洗顔で大事なのはきっちり泡立ててから使うことです。洗顔は、顔の汚れをとるために必要で、汚れは泡によって落ちるのです。
泡を立てるには、泡立てネットが効率的です(100均でも販売されています)。少し高めですが、このフェイスクレンジングフォーマーホワイトも、クリーミーでもっちりした泡が大量に作れるので便利です。洗顔は皮脂の分泌が多いTゾーンから塗り始めます。鼻の次は、額、頬、口周り、目の周りと皮脂の分泌量の多い順で洗うことによりお肌の乾燥を防ぐことができるのです。そして、洗顔も乾燥を防ぐために、1分を目安に行います。

そして、一番大事なのがしっかりとすすぐことです。洗い残りがあると、肌がかゆくなったり赤みが出るなど肌トラブルの原因にもなります。
ぬるま湯でしっかりと20回をめやすにすすぎます。このぬるま湯で洗っている時に、毛穴が開き汚れが落ちるのですが、小鼻にざらつきがある場合は、洗顔をする前(クレンジング後)にホットタオルで顔をあたためると毛穴が開き、小鼻のざらつきもとれるのでおすすめです。

乾燥肌にNGなのは?

  • シートタイプの簡易なクレンジング
  • 目元用のオイルクレンジングを顔にも使っている
  • 泡立てずに洗顔をする
  • シャワーで顔を洗っている
  • 顔を洗わない

シートタイプのクレンジングは界面活性剤が使われているものが多いので、なるべく使わない方がいいです。どうしてもの時には、ごしごしこすらずに優しくふき取るように使います。
お肌は摩擦を嫌います。なるべく摩擦のない方法がおすすめです。
また、目元用のオイルクレンジングはマスカラなどを取るために強力な洗浄力のあるオイルが配合されているので、顔には厳禁です。
通常のクレンジングで落ちない場合は、目元のみを優しくコットンでふき取るように使った方がいいですね。

お風呂をシャワーだけで済ます時、直接シャワーで顔も洗ってしまうことがありますが、洗顔後のお肌は柔らかくデリケート。
シャワーの水圧は大きな刺激となるので、シャワーを直接使わず、桶にぬるま湯入れるなどし両手でお肌をすすいだ方がいいです。
乾燥肌の場合、顔を洗いすぎるとよくないと思いがちですが、メイクをしていなくても見えない汚れはついています。朝晩1回ずつ洗顔を必ず行うようにします。どうしても水がしみる場合は、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐ程度にし、化粧もしばらく控え、お肌に優しい日焼け止めだけにとどめておきます。
赤ちゃんにも使える日焼け止め「ネオナチュラルのUVホワイトプロ」なら安心して使えるでおすすめです。

本当にあなたは乾燥肌ですか?

乾燥肌かどうかの確認方法

  1. 夜、洗顔をしたあと何もつけずに寝ます
  2. 朝起きたらティッシュ(2枚重なっているのを1枚にする)を4分割して、おでこと片方の頬、あご、鼻の頭にのせます
  3. 起き上がります

起き上がった時に、しばらくティッシュが落ちなかったら普通肌です。
すぐに全部落ちた場合は、乾燥肌です。
長い間落ちなかった場合は、脂質肌。何枚かすぐに落ちた場合は混合肌です。

いつでも簡単にできる方法なので、まずは一度、乾燥肌かどうかをチェックするのもいいですね。
わかりにくいのが、乾燥肌か混合肌の区別です。季節によっても肌質は変わってくるので、お肌が変わったかな?と感じたら確認のサインですね。

乾燥肌とはどういう状態のお肌?

乾燥肌とは、肌の水分や皮脂が不足して潤いがなくなっている状態(ドライスキン)です。
肌がカサカサ、化粧のりが悪い、白い粉が吹く、洗顔後につっぱる、化粧水が浸透しにくいなどの症状があります。
特に乾燥しやすいのが、頬や目、口のまわりなどです。

お肌は、角質層がバリアとなり水分の蒸発を防いだり外部からの刺激から守っています。
このバリア機能が正常なお肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われているのです。
ところが何らかの原因でこの天然の保湿クリームが減少することでお肌が乾燥してしまうのです。

お肌の種類は4種類ある

お肌は大きく分けると、

  • 普通肌
  • 脂性肌
  • 乾燥肌
  • 混合肌

の4種類あります。
普通肌は、皮脂の分泌が適量で、お肌のかさつきもなく、一番理想的なお肌です。
脂性肌は、額と鼻をつないだTゾーンの皮脂の分泌が多くべたついています。
乾燥肌は、お肌全体がかさついて水分の足りない状態です。乾燥肌が悪化してお肌が敏感になった状態が敏感肌です。
混合肌は、Tゾーンは皮脂で脂ぎっているけど、頬やフェイスラインはかさついている状態のことです。

洗顔をし終わったらたっぷり保湿

乾燥肌以外にも言えることですが、洗顔後はかならず保湿が必要です。
洗顔後は、お肌が乾燥するので、3分以内に保湿をすることが大切です。
入浴時は、一番最後に洗顔をするようにし、すぐに化粧水、乳液、オイル(クリーム)をつけるようにします。
乾燥がひどい場合は、入浴後か入浴中のお肌が柔らかい状態で行う、フェイスパックが効果的です。
保湿の最強成分であるセラミドが配合されたルルルンのフェイスパックがおすすめです。

朝のメイク前にもスキンケアをきっちり行うと乾燥を防ぎ、化粧崩れもなくなるのでおすすめです。

乾燥肌にならないための内側からのケア。摂るべき食材は?

乾燥肌は、日々摂取している油の質も大きく影響すると言われています。
最近は、お惣菜や加工食品、外食などにより酸化した油を摂取していることが多いのです。
とくに、加工食品の商品ラベルに、「植物油脂」という成分が書かれている場合は注意が必要です。

質の悪い油が体内に増えると、肌細胞の潤いを低下させる原因となります。
こういう時は、粘膜を修復してくれるビタミンAの含まれたものを摂取するといいのです。
ビタミンAを多く含む食材は、色味を濃い緑黄色野菜です。
具体的には、春や夏ならモロヘイヤ、冬はにんじんがおすすめです。
色味が濃い緑黄色野菜は、油との相性もいいので、お肌にいいオメガ3系の亜麻仁油えごま油などをかけて食べると乾燥肌対策に効果的です。
モロヘイヤはあまりなじみのない食材かもしれませんが、とくに春の時期にはスーパーでよくみかけます。
生のまま、みじん切りにすると粘りがでるので、トマトとまぜて豆腐にかけて食べたり、豚肉と炒めてオイスターソースで味付けをするだけでも美味しく食べれます。

乾燥肌は、外側からだけではなく内側からも変えていくことで改善が期待できるのです。
季節や環境によってもお肌は変化していくので、自宅でチェックをして対策をする必要がありますね。

最近、小鼻が油っぽい気がしたので、もしかすると混合肌かもしれないと思い、チェックをしてみましたが、ティッシュはすぐに落ちてしました。
やっぱり乾燥肌でしたね~!この時期はとても乾燥するので早めの対策が大事ですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
お役に立てましたら、下のバナーをポチッと応援していただけると幸いです。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
お役に立てましたら、下のバナーをポチッと応援していただけると幸いです。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
  • この記事を書いた人

じゅん

国産オーガニックコスメや美容オイルが大好きです。オーガニックコスメ歴8年目。5年前、10年前より今が綺麗♡目指してたくさんのオーガニックコスメを使ってきました。ブログでは使ってみてよかったコスメなどご紹介しています。美容オイルにはまったことがきっかけでAEAJアロマテラピー検定1級を取得。レビューのご依頼などはお問い合わせフォームからお受けしています。

-石鹸, 洗顔, クレンジング
-

Copyright© オーガニック便り - オーガニックコスメの口コミブログ , 2019 All Rights Reserved.