入浴剤 美容・暮らしのこと

重曹入り入浴剤はお肌に危険はないのでしょうか

投稿日:2017年6月29日 更新日:

こんにちは!潤です。

昨日から扇風機をだしています。いよいよ暑くなってきました。

こういう暑い日に入るお風呂は浸かるのがつらくなる時ありませんか?

どちらかというとお風呂に長時間入るのはつらい派なので、癒しの香りをプラスします。

Sponsored Links

重曹入り入浴剤はお肌に危険?

バスタブに重曹を入れて入浴する

週に2回ほどは、バスタブに重曹を入れて入浴しています。

重曹は、科学名「炭酸水素ナトリウム」と言い、昔からふくらし粉やコンニャクの凝固剤として使われてきた人体に無害の粉です。

消臭やお鍋の焦げ落しに効果があるので、掃除道具の一つとしてよく使っています。

この重曹ですが、バスタブに入れることによって、血管を拡張して血行を促進する働きがあるので、入浴するとポカポカ体が温かくなりお肌も柔らかくなるのです。

お風呂に重曹を入れる時の注意点

重曹は基本的に人体に無害なのですが、弱アルカリ性によりタンパク質を溶かしてしまうため、毎日使用するとお肌が荒れたり乾燥したりする可能性があります。

お風呂に重曹を入れる時には下記3点に注意しましょう。

  • 使用は、週に1,2回程度にする
  • お湯200mlに対して重曹大さじ2,3杯入れる
  • お肌に効果が合ってもお肌に直接は塗りこまない

重曹入りのお風呂は掃除が楽!

バスタブに重曹入り入浴剤を入れた日には、必ずすることがあります。

それは、最後にお風呂に入った人は、お風呂の栓はその日には抜かず椅子や桶、バスカバーなどをバスタブにつけておくことです。

栓は、次の日の朝に抜き、つけておいた物はシャワー水でサラッと流しておきます。

重曹は汚れを浮かしてくれる効果もありますが、汚れがつきにくくなるので、これをしておくことで掃除がだいぶ楽になるのでおすすめです。

おすすめの「ラベンダー&カモミールの重曹入り」の入浴剤

お風呂に重曹を入れた時は、香りをプラスするために、アロマオイルを入れる時もありますが、足湯や手湯に比べるとやや香りが弱いのです。

そこで見つけたのが、ママバターから販売されている、重曹入りの入浴剤です。

img170629

香りは、ラベンダー&カモミールと、無香タイプがあります。

成分もシンプルです。

img170629_2

袋を開けると、真っ白の粉とラベンダー&カモミールの癒される香りがあたりいっぱいに広がります。

img170629_1

この入浴剤の良い点は、重曹だけではなくシアバターが入っている点です。
シアバターといえば、保湿の王様と言われているほど、保湿力がとても高く、翌朝には感じたことのないしっとりもちもちっとした肌触りになってくれるのです。

重曹は、弱アルカリ性のため皮膚のたんぱく質を溶かして角質層を削ることにより、お肌がをツルツルにしてくれるのですが、その分、乾燥もしやすいというデメリットがあります。

よって、お風呂から上がると保湿をする必要があるのですが、その保湿効果のもっとも優れているシアバターが入浴剤に入っているのです。

お風呂上りは、お肌がしっとり潤ってサラサラになります。
そして、就寝時は、ラベンダー&カモミールの効果によって、体がリラックスしゆっくり気持ちよく眠ることができますよ。

ママバターのラベンダー&カモミールと無香タイプです。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
お役に立てましたら、下のバナーをポチッと応援していただけると幸いです。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
  • この記事を書いた人

じゅん

国産オーガニックコスメや美容オイルが大好きです。オーガニックコスメ歴8年目。5年前、10年前より今が綺麗♡目指してたくさんのオーガニックコスメを使ってきました。ブログでは使ってみてよかったコスメなどご紹介しています。美容オイルにはまったことがきっかけでAEAJアロマテラピー検定1級を取得。レビューのご依頼などはお問い合わせフォームからお受けしています。

-入浴剤, 美容・暮らしのこと

Copyright© オーガニック便り - オーガニックコスメの口コミブログ , 2019 All Rights Reserved.